http://mortgage.sakurainfo.info/


離婚したら住宅ローンはどうなるの?

よく「離婚は結婚よりも大変」と言いますが、離婚にはさまざまな問題がついて回ります。住宅ローンも銀行と債務者の間で結ばれた契約であり、離婚時に発生する財産分与も絡んでくるので、話が複雑になります。

残った住宅ローンは誰が支払うのか、マイホームはどちらが住むのか、連帯保証人は抜けられるのか、不動産の名義はどうするのかなど、さまざまな問題が発生します。住宅ローンの支払は長期になる事が多いので、離婚時にしっかり決めておきたいところです。


オーバーローンとアンダーローン

結婚後に築いた資産は、夫婦共有の資産とみなされ、離婚時には財産分与が行われます。住宅ローンが残っている時は「不動産の価値」から「残りの住宅ローン残高」を差し引き、価値を算出します。

一番手っ取り早いのは不動産を売却し、そのお金で住宅ローンを返済し、お金が残れば財産分与してしまえば話は終了です。しかし不動産を売却しても住宅ローンが残ってしまうケース(不動産の価値<住宅ローン残高)も少なくありません。このように住宅ローン残高が不動産の価値を上回っている事をオーバーローンと言います。逆に不動産価値が住宅ローン残高を上回っている事をアンダーローンと言います。

債務者と不動産所有者が同じ場合

仮に夫が不動産に住み続け、住宅ローンも夫が支払い続ける場合、割とわかりやすいです。

オーバーローンかアンダーローンかを算出し、他の資産と相殺して財産分与したら、あとは元夫が住宅ローンを支払い続ければいいのです。

問題があるとすれば、連帯保証人が元妻で、元夫が支払えなくなってしまった時でしょうか。元夫が支払えなくなれば、法的には連帯保証人である元妻に支払義務が発生します。離婚するからと言って、妻が連帯保証人から抜けられるわけではありません。しっかり離婚時に話し合い、どうするか検討する必要があります


連帯債務の場合も名義変更は難しい

住宅ローンが連帯債務でどちらかが済み続ける場合、出て行く側としては住宅ローンだけが残るのは腑に落ちないでしょう。普通の感覚ならば出て行く人は住宅ローンの名義変更をしたいところですが、そう簡単には名義変更は出来るものではありません。

このようなケースの場合、借入した金融機関に相談する事になりますが、金融機関から一括返済を求められることもあるので注意が必要です。一般的な解決策としては、住み付ける側が新たに住宅ローンを組んで、出て行く側の残高を一括返済する事でしょうか。ただ、済み続ける側は新たに住宅ローンを組むことになりますので、それなりの信用力がないと審査が通りません。

今回の記事では少しだけ例を挙げましたが、住宅ローンの契約内容、不動産の所有権、誰が住み続けるかなどで大きく違ってきます。一筋縄でいかないケースも多いので、まとまりにくい案件は弁護士に相談したほうがトラブルを回避できるでしょう。