http://mortgage.sakurainfo.info/


住宅ローンの審査に落ちた時の対処法

住宅ローンの審査に落ちると、住宅購入の予定が大きく狂います。金融機関の担当者にはヒアリングをされると思いますが、申告内容に間違いが無く、過去に支払いの延滞歴などが無ければ、ほぼ間違いなく住宅ローンの審査は通ると思いますが、稀に見落としなどがあり審査を通らない事があります。もし住宅ローンの審査に落ちてしまったら、どのように対処したら良いのでしょうか。

住宅ローンの審査に落ちる原因

住宅ローンの審査に落ちる原因として挙げられるのは、まずは過去の支払いの延滞でしょう。住宅ローンの審査が通らない原因のほとんどが過去の支払いの延滞です。他のローンや家賃、携帯電話料金などの支払いが遅れてしまうと、個人信用情報会社のデータに「事故歴」として残ってしまいます。事故歴がある人は金融機関からすると信用が低いので、審査が通らない原因となります。

事故歴がある人は永遠に住宅ローンの審査に通らないかと言えば、そんな事はありません。金融機関や販売商品にもよるのでしょうが、通常は事故案件の完済から5年〜10年で事故歴は消えるとも言われています。

その他にも転職してから日が浅かったりすると審査が通りません。転職回数の多さなども審査の対象にする金融機関もあるみたいですね。

住宅ローンの審査に落ちた原因を知る

住宅ローンの審査に落ちたからと言って、闇雲に他の金融機関で住宅ローンの申し込みをするのは賢明ではありません。住宅ローンの審査を受けた情報も個人信用情報会社に情報として残り、他の金融機関で審査落ちした事を嫌う金融機関も少なくないからです。まずは審査に落ちた原因を探る事から始めましょう。

とは言え、金融機関の担当者に、何故審査が通らなかったかを聞いたところで、『総合的な判断で落ちました』と言われるのがオチです。それでは審査落ちした原因を探る事は出来ません。なので、こんな質問をしてみてください。

・借入れ希望額を減らしたら審査に通りますかね?
・同じ条件で数年後に申し込んだら審査に通りますかね?
・物件を変えても結果は同じですかね?

など、間接的な質問をして、審査が通らなかった原因を知り、その原因を消していけば、審査が通る可能性は高くなると言えるのではないでしょうか。