http://mortgage.sakurainfo.info/


住宅ローンで苦労する人の共通点

一生に一度の大きな買い物、それがマイホーム。一生に一度の買い物ですから希望の物件を手に入れたい。そう思うのは当然でしょう。しかしほとんどの人は自己資金だけでは購入できないので住宅ローンを組むことを検討します。そして安易な住宅ローンを組んでしまい、返済が滞り、結果的にマイホームを手放さなければならない『住宅ローンの被害者』がいる事も知っておかなければなりません。このページでは住宅ローンを組む前に、住宅ローンで苦労する人の共通点を知っておきましょう。

住宅ローンを組む順番は「予算の設定が」先

住宅購入を考える時の思考順番は、『欲しい物件を探す』→『物件の価格を知る』→『頭金や住宅ローンを組んで返済できるかシュミレーションする』と言うのが一般的ではないでしょうか。『マイホームが欲しい』からこそ住宅ローンを組んで購入するのですから、当然といえば当然です。しかしこの考え方が『住宅ローン被害者』になりやすいのです。

住宅を購入する時、大抵は住宅メーカーから購入します。当然、担当の営業さんが付きますよね。営業さんは、多少厳しい返済プランでも、「大丈夫ですよ」「今ならキャンペーン金利でお得ですよ」と言って、契約に結び付けようとします。営業さんはそれが仕事ですから当然ですよね。「大丈夫」と言われると大丈夫かなと錯覚してしまうものです。それで契約し、返済が滞り、住宅ローンの被害者になったとしても営業さんには責任はありません。

住宅ローンを利用して住宅購入する時は、『欲しい物件を探す』のが先ではなく、頭金を含め返済できる予算を算出するのが先で、その予算内で物件を探すようにしなければ、後々苦労します。

予算算出の目安

まず、全てを住宅ローンで返済しようとするのは無謀だと思っておいたほうがいいでしょう。目安として物件の20%以上は頭金として用意しておきたいです。最近では頭金無しで住宅ローンが組めるような広告を見かけますが、オススメは出来ません。生前贈与なども考慮し、いくら頭金を用意できるかを考えましょう。

次に年換算でいくら返済できるかを考えましょう。目安としては『年換算60万円で1000万円借りられる』といった所です。例えば『月々5万円の返済』であれば年換算で60万円なので1000万円、『月々6万円、ボーナス24万円の返済』であれば年換算で120万円なので2000万円といった所です。頭金と借入金(住宅ローン)の合計で予算を組み、その範囲内で物件を探すようにします。

また、不動産を取得する時に不動産取得税や書類作成費用、引越し代などもかかってくるので、それらも考慮しなければなりません。物件価格に10%上乗せして計算するようにしましょう。

買い物動向で、住宅ローンで苦労するかわかる

住宅ローンで苦労している人は、買い物動向を見ればわかります。過去に『欲しい車をマイカーローンで購入し、返済がきつかった人』や『ブランドのバックなどをリボ払いで購入し、生活費が足りなくなった人』は欲しいものがあると後の事を深く考えずに購入してしまう消費思考の持ち主です。住宅は自動車やブランドのバックより高額で返済期間も長くなりますから、苦労する期間も長くなり、最悪の場合はマイホームを手放す事にもなりかねません。

過去に上記のような経験のある方は、充分注意をして住宅ローンを組むようにしましょう。