http://mortgage.sakurainfo.info/


住宅ローンを組みやすい職業、組みにくい職業

住宅ローンは融資額(借入額)が高額になり、返済期間も長期になる事がほとんどです。その為、他のローンよりも審査が慎重に行われるケースが多いです。銀行などの金融機関は、預金者から集めたお金を融資して、その利息で儲ける商売ですから、できるだけ多くのお金を貸したい反面、バブル崩壊による大量の不良債権を経験したので、貸し倒れはなんとしても避けなければなりません。たくさんお金を貸したいけど、貸し倒れは絶対にダメという2面性を持っています。

金融機関は住宅ローンを販売する時、返済能力を審査します。当然の事ながら、雇用形態や収入により、住宅ローンが組みやすかったり組みにくかったりします。住宅ローンを組みやすい職業、組みにくい職業とは?

ほぼ大丈夫!住宅ローンを組みやすい職業

銀行の住宅ローンの担当が、お客さんとして来ると喜ぶ職業の第1位は、何と言っても公務員でしょう。公務員は毎月の安定収入があり、リストラの心配も極めて少ないので、返済の滞りリスクが少ないので審査が通りやすさは抜群です。銀行からしたら、できるだけ多額のローンを組んでもらいたいと思うので、流されないように注意したいところです。

公務員と同じ位、審査が通りやすいのが大手企業の正社員です。中小企業の正社員も割りと審査が通りやすいです。会社の安全性や収入によっては、公務員より有利な場合もあります。公務員や大手企業の正社員は住宅ローンを組みやすいのは間違いありませんが、収入や現在のローン残高、クレジットカードの支払い滞納なども審査の対象です。必ず住宅ローンが組めるとは限りませんが、逆の言い方をするならば、それらの問題が無ければ、ほぼ問題なく審査は通ると考えられます。

条件付で?住宅ローンが組める職業

住宅ローンの審査で一番に見るのは安定収入です。そうゆう意味では自営業者フリーランスは、会社員や公務員よりは住宅ローンを組みにくいと言えるかも知れません。ただ、自営業者やフリーランスが住宅ローンを組めないかと言えば、そんなことはありません。

会社員などもそうですが、住宅ローンの審査には収入を証明しなければなりません。自営業者やフリーランスなどは、さらにその安定性などを審査されます。また、自営業者の店舗兼住宅の場合は、住宅部分のみの貸し出しになったり住宅ローンと事業者ローンの二つを用意されることもあります。若干審査などが面倒なので、できるだけ使わずに済めば使いたくないところです。

住宅ローンが組みにくい?職業

残念ながら住宅ローンが組みにくい雇用形態もあります。非正規雇用の契約社員派遣社員アルバイトなどは審査が通りにくく、審査が通る住宅ローンも条件が悪かったりします。まずは正規雇用を目指すべきだと言えます。正規雇用であっても、育児休暇中であれば基本的には審査は通りません。

スポーツ選手芸能人は収入が多いイメージですが、安定性という意味では良くありません。今年高額収入があっても、来年以降も同じように高額収入を得られるとは確約された職業ではありませんからね。そうゆう意味で、住宅ローンの審査は通りにくいと言われています。大きく稼いで、現金購入が望ましいかも知れませんね。

住宅ローンが組みにくい職業であっても、絶対に住宅ローンが組めないかと言えばそんなことはありません。どうしても住宅ローンを利用したければ、多くの金融機関を訪ねてみれば、組める住宅ローンも存在するようです。しかし、条件が悪いことも多いので、個人的には現金購入か賃貸がいいのかなと思います。