http://mortgage.sakurainfo.info/


住宅ローンの金利の種類


住宅ローンの金利の種類は主に3つで、変動金利固定金利固定金利特約に分類されます。それぞれにメリット、デメリットがありますので、特徴を把握しておきましょう。

変動金利の特徴


変動金利は半年ごとに金利の見直しが行われます。金利が変動しても返済額は5年変わることはありません。仮に金利が極端に上昇したとしても返済額が一気に上昇することはなく、125%までしか上昇しません。

変動金利のメリットは、固定金利より金利が低く設定されています。キャンペーンなどもよく行われているのも魅力です。

デメリットは金利の変動により総返済額が多くなってしまうリスクを負う事になります。悪意のある金融機関が、超低金利で顧客を抱え込み、あとで金利を上昇させて利益を得ることを考えることもできます。

繰り上げ返済も利用して早期返済、支払総額を少なく済ませたい人におすすめ!

固定金利の特徴


借りた時から返済終了まで金利が変動しないのが固定金利。今の日本は考えられない位の低金利です。今、固定金利で契約しておけば、その金利が完済まで続きます。契約時に総支払額も確定するので、安心して返済できます。

しかし変動金利よりは金利は高めに設定されています。仮に今後も金利が上昇しないとしたら、変動金利よりかなり多くの額を支払うことになるでしょう。

金利の変動を気にせず、長期で返済するつもりの人におすすめ

固定金利特約の特徴


3年、5年、10年など、返済当初の数年を固定にして、固定期間が終了すると変動金利に移行する。固定期間終了後に再度固定期間を設定することもできる。

将来の金利動向を見きわめて、臨機応変に対応したい人向きと言われているけど、個人的にはあまりメリットを感じない。