http://mortgage.sakurainfo.info/


コンテンツ

スポンサードリンク

住宅ローン控除で還付金がもらえる?

住宅ローンを組むと、住宅ローン控除が使えるので確定申告をしたら還付金がもらえます。実際には払いすぎた税金を返してもらえると表現したほうが正しいでしょう。住宅ローン控除という制度がありますが、自分から確定申告をしないともらうことが出来ません。サラリーマンの方であれば確定申告となじみの無い人が多いかも知れませんが、収入や借入額等によっては税金のほとんどが返ってくる事もあります。自分から動かなければ還付金は返ってきません。確実に還付申請をしておきたいところです。

どのように確定申告をしたらいいのか

住宅ローンを組んだ翌年の1月1日から還付申告が出来ます。通常の確定申告は2月16日から3月15日ですが、その期間の税務署は非常に混み合いますのでそれ以前に行いたいところですね。その為には事前に必要書類などを準備しておきたいところです。

必要書類
・住民票の写し
・借入金の年末残高証明書
・建物の登記事項証明書
・工事請負契約書の写し、売買契約書の写し
・源泉徴収表の写し
・長期優良住宅の認定証の写し
・確定申告書
・住宅借入金等特別控除額の計算明細書

確定申告は在住地の管轄税務署で行います。わからないことがあれば、税務署で直接聞いてみましょう。税務署はお堅いイメージがあるかも知れませんが、職員の方も「聞かれ慣れ」しています。親切に対応してもらえるはずです。少なくとも私が確定申告の時に見た税務署の職員の方は、皆さん親切でしたよ。

借入金の年末残高証明書は毎年10月あたりに、住宅ローンを組んだ金融機関から送られてきます。確定申告に必要な書類ですので、大切に保管しておきましょう。もしなくしてしまったら、金融機関に問い合わせてみれば、対応してもらえるかも知れません。

還付申請を忘れていた場合は?

会社員などの場合、還付申告を忘れていた場合には5年間さかのぼることも出来ます。条件がいろいろありますので、なるべく早く申告したほうがいいでしょう。医療費控除の還付金も受けられますので、過去に年間10万円を超える医療費を払ったけど申告していない人も同時に行えます。

ただ、毎年確定申告を行っている自営業者などは、さかのぼって申告することは出来ないようです。住宅ローンを組んだ翌年の確定申告で確実に還付申告しておきたいところです。