http://mortgage.sakurainfo.info/


住宅ローンの返済を楽にする為の三大原則

金利が低い今は住宅ローンの借り時とも言えますが、総支払額を計算すると、結構利子を支払うことになります。3000万円の借り入れ、元利均等払、ボーナス払い無し、固定金利3%で35年払いの場合の総支払額は約4850万円です。1850万円も利子を支払う事になります。この利子の支払いを安く抑えられれば、我々借り手の手元に残るお金も増えるわけです。このページでは住宅ローンの総支払額を少なくするための三大原則を解説したいと思います。

なお、このページの例は全て元利均等払、ボーナス払い無し、固定金利と仮定します。

借入金額を少なくする


借入金 金利 返済期間 毎月支払額 総支払額
2000万円 2% 35年 66,252 27,825,861
2500万円 82,815 34,782,404
3000万円 99,378 41,738,968

上の表は金利2%、返済期間35年で比較した一覧表です。借入金2000万円と3000万円比較した場合、総支払額で1390万円の差があります。はじめから1000万円差がありますので、390万円多く支払う事になります。頭金はなるべく多く集めたほうがいいというのは、このあたりの理由からなのです。

ただ、有り金全てを頭金に回してしまうのも考え物です。先半年程度の生活費は残しておきたいところです。自分達の資金だけでは頭金が少ない場合は、親や祖父母からの生前贈与を利用できればいいのですが・・・。

返済期間を短くする


返済期間 借入金額 金利 毎月支払額 総支払額
25年 3000万円 2% 127,156 38,146,723
30年 110,885 39,918,769
35年 99,378 41,738,968

返済期間を短くしたら、毎月の支払額は多くなります。ただその分、総支払額にはかなりの差が出来ます。住宅ローンを組む年齢にもよりますが、できれば定年後まで住宅ローンの返済は伸ばしたくありません。退職金で繰上げ返済も考えられますが、老後資金を考えると残しておきたいところですね。支払いに余裕があれば、返済期間は短くしたほうがいいでしょう。

低金利の方が有利


金利 借入金額 返済期間 毎月支払額 総支払額
1% 3000万円 35年 84,685 35,567,804
2% 99,378 41,738,968
3% 115,455 48,490,768

当たり前な話ですが、金利は低いほうが支払額は少なくて済みます。こうして一覧表で見てみると、その差がかなりあることがわかりますね。ただ勘違いして欲しくないのは、金利が低く設定されている変動金利の方が得だと言っているわけではありません。政府の政策がうまく行けば、物価上昇も考えられます。ここ20年間低金利を推移しているからと言って、これから先もずっと低金利とは限りません。

住宅ローンの総支払額を少なくするための三大原則を挙げてみましたが、当たり前の事しか書いていませんね。ただ、こうして一覧表にしてみると、総支払額に差があることに驚いた人もいたのではないでしょうか。これらの三大原則は必ずしも住宅ローンの返済が楽になるというわけではありませんよね。支払期間を短くしたら、毎月の支払額を増やさなければなりません。最終的にはさまざまな条件を考慮して、無理のない返済計画を立てることが重要なのでしょう。